宇 善 小説。 鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

宇善 小説 1000

善 小説 宇 善 小説 宇

」 宇髄さんの首に手を回す。 擦れて突かれて。 親友にも何度も心配させちゃうなんて…本当何をやってるんだろ…。

19

『鬼滅の刃【短編集】』第2章「可愛いメイドちゃん【宇髄×善逸】※善逸目線」 25ページ

善 小説 宇 善 小説 宇

, 高等部・3年蓬組。 こいつ髪結い直すから」 正「は、はいっ」 善「えっ、正一君!?ちょっと、宇髄さん何するんですか!?早く行かないと……」 宇「つっ、っはーーーーっっっ」 善「えっ?えっ?なんで怒ってんの?俺なんかした??」 宇「取り敢えず、ここ座れ」 とんとんと自分の前の畳を指で叩く。

『鬼滅の刃【短編集】』第2章「可愛いメイドちゃん【宇髄×善逸】※善逸目線」 25ページ

善 小説 宇 善 小説 宇

「善逸っ!」 「っ……」 びくりと善逸は体を震わせて炭治郎の背中で縮こまる。 野菜生活. 少し耳を澄ませば、遠くへと薄れていく足音が聞こえた。 正「あっ、待ってください善逸さん!!」• 「善逸…今度は俺と一緒に歩いていくぞ。

19

鬼滅の刃※二次創作

善 小説 宇 善 小説 宇

「…あんま、煽るなっ…。

11

◆離す訳がない(煉炭♀宇善♀)

善 小説 宇 善 小説 宇

怖いのに、襲ってくる甘い疼きに善逸は喉を仰け反らして悶えた。

宇善 学パロ 小説 11

善 小説 宇 善 小説 宇

家が隣同士で、子供の頃からの約束を果たし互いの親公認の下結婚している。 胸が破裂しそうなくらいにドキドキしている。 好きなのだ、宇髄が。

6

◆煉炭と宇善

善 小説 宇 善 小説 宇

『分かった分かった、今度俺が買って来るからそォ泣くなよ。

宇善

善 小説 宇 善 小説 宇

ほりごたつがある。