ダーク ソウル 考察。 ストーリー考察

【ダークソウル】繋げていこうダークソウル事件歴【考察】

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

人間を薪にすることを望まなかったからこそ、ニトは王のソウルを奪われないようから動き出したのではないだろうか……。

19

ダークソウル 考察 アルトリウス

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

【竜狩りの兜】 「竜狩り」オーンスタインの名で知られる 黄金獅子の兜。

1

ダークソウル考察「ダークソウル(暗い魂)とは、人間性とは何か」:飴屋(環礁)のブロマガ

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

そこには何らかの意味があるはず。

20

【ダークソウル 】アルトリウスと狼騎士【考察】

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

殺してくれ… <クールラントのルドレスの寝言より> あるいは骨にこそソウルが宿るのかも知れません はじまりの火を継いだ薪の王たち 神のごとき彼らの「化身」の大剣 それは、玉座無き彼らの前にずっとあった 篝火に刺さる螺旋の剣である 戦技は「残り火」 陰り消えようとする火を一時に燃やし 前方に放つ <火継ぎの大剣より> かつてグヴィン王を倒した無印主人公の前に最後に現れたのも篝火でした なので ダークソウルシリーズに於ける故郷という表現の中には、不死人と篝火の切り離せない関係性が含まれていると考えます アストラの名は郷愁と共にあり アンリもまた、それを求めたのだろうか 名を知るばかりの遠き故郷に <上級騎士の兜より> 少なくとも、3においては生まれ育った場所だけが故郷とされるわけではないようです 二人の流刑人も、その一員だったのだろう 元よりファランとは流れ者の地なのだから <流刑人の仮面より> 法王サリヴァーンが惜しむ者にこれを与えるという いつか帰るとき、結界を超える鍵として 耳をすませば、微かな声が聞こえてくる 君がどこに行こうとも、イルシールは月の元にある 君がどこにあろうとも、それは帰る故郷なのだと <小さな人形より> 薪の王たちの故郷にも様々な定義が存在しているように感じられます 王と成る以前の彼らも、元を辿れば一介の不死や亡者であったのなら 故郷とは 彼らが火を、あるいは何かを継承した場所や時代と深く関わりがあるのではないでしょうか 主人公がゲーム開始時に副葬品を所持していることから分かるように 一度は埋葬された者たちです 貴族的で整った顔立ち 金髪碧眼も多い 没落したアストラの、過去を偲ぶ小さな誇り <顔つき・アストラの平民顔より> 昔話に残るカタリナの騎士たちは この兜を身につけ、勇敢に戦い続けたという <カタリナヘルムより> 3のキャラメイク時の顔つきにロードラン時代の国が含まれていることや、2の時点で滅んでいたと思われるカタリナ出身のジークバルドの存在などから分かるように、灰の人の中には無印時代くらいの遠い 過去を生きていた人物も含まれていると考えられます とりあえず疑問に思うのは なぜロードランの時代を生きていた者が、世界の果ての時代に存在しているのか? ということです 急ぐ話でもなかろうて。 父は夫である火の神フランでよいでしょう。 まず少なくとも、グウィンドリンと世界蛇フラムトが関わっていることは確かでしょう。

【悲報】ダークソウル考察厨、死亡「BGMの歌詞?造語ですよ」

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

通常ならば重大な欠陥を抱えたシステムを採用する道理はない。

6

「ダークソウル」ストーリー考察。サブイベント・キャラクター中心。

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

この白い木です。 分割方法は管理人の主観で大きな歴史の動きがあった。

3

【ダークソウルリマスタード】ストーリー考察

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

まだ辛うじて人間性は残ってるけれど、ほとんどゾンビみたいな非力な者。

ダークソウル考察「ダークソウル(暗い魂)とは、人間性とは何か」:飴屋(環礁)のブロマガ

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

つまり、 狼騎士とはアルトリウスの遺志を継ぎ、深淵を討った不死の一人であると。

12

【ダークソウル】繋げていこうダークソウル事件歴【考察】

考察 ダーク ソウル 考察 ダーク ソウル

カタリナのジークマイヤーとジークリンデ 以下は全て二人との会話からの推測。

15