カローラ ツーリング レビュー。 カローラ/カローラツーリングを徹底レビュー!長年愛される車の進化に迫る!

カローラツーリングとカローラスポーツはどっちがお薦め?【各車推奨グレード付き】

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

後席の頭上空間は、ツーリングが握りコブシ1つぶん、スポーツは1つ弱だ。 ところが、完全に割り切らずに従来の高齢顧客をつなぎとめるために、新型カローラはグローバルモデルをベースに、日本専用の部品を開発。

1

トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 素材のよさがあればこそ

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一) 2リッター直4ターボエンジン搭載車には「エコ」「ノーマル」「スポーツ」の3段階から選べるドライブモードセレクトが備わっている。 名前を変えるほどの大きな進化 カローラのステーションワゴンは先代まではフィールダーと呼ばれていました。 セダンの新型カローラやワゴンのカローラツーリングのCMも若々しいイメージだ。

8

【試乗記】「トヨタカローラツーリング」

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

足回りも、適度なコツコツ感を持ちながら衝撃はスッと一回で収める良いバランスです。 大衆車として日本国内で活躍するためには、扱いやすいボディサイズにする必要があるからです。

トヨタ 新型カローラ/カローラツーリング試乗|世界の大衆車“カローラ”は本当に生まれ変わったのか(1/2)

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

低いギアではスイッと出るが、ある程度スピードが乗ってからは思い切ってスロットルペダルを踏んでも、あれれ? と思うほどレスポンスが得られない。

新型カローラ/カローラツーリング試乗~売りはディスプレイオーディオを駆使したコネクティッドサービス~【新型車インプレ・レビュー】

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

しかし「カローラ」の名前と,フロントのCマーク(カローラとしてのアイデンティティ)がこの車を正当評価する目を曇らせてしまっているように思えてなりません。 デザイン 5 低く構えたノーズ、眼光鋭いヘッドランプ、彫りの深いフロントバンパーは、従来のカローラのイメージとは隔絶したスポーティーさ。 オートマチックハイビーム• Uターン時などで小まわり性を左右する最小回転半径は15インチタイヤ装着車で従来型と同じ5m。

10

【試乗インプレ】トヨタの新型「カローラ」「カローラ ツーリング」に乗って分かった進化の方向 / 変化を恐れず3ナンバー化して“優しさ”を感じさせる1台に

レビュー カローラ ツーリング レビュー カローラ ツーリング

先代カローラは、Bセグメントと呼ばれるカテゴリーに属したが、新型カローラシリーズはCセグメンと呼ばれる1つ上のカテゴリーになる。 また、同時に加減速やステアリング操作による荷重移動を、ドライバーによりリニアかつ鮮明に伝えることに留意したとか。 燃費: 5• 上信越道の長い上り坂で床まで踏み込んでもなかなか加速せず、抜いたトラックに後ろに迫られてひやひやしたものだ。

4